« 試合を想定して | トップページ | 研究発表に対する質問 »

読書の技法

「読書の技法」(佐藤優著,東洋経済新報社)を買いました。本屋でかるく読んでみると,これまでに膨大な量の本を読んできた著者が,自分の読書技術を初めて明らかにした本でした。
購入して読んでみると,著者がこれまでの経験を基にして得た「読書をするため,学ぶためのテクニック」が惜しみなく書かれており,とても価値ある内容だと感じました。また,様々な分野について著者自身が読書から学んだ内容を引用文を基に分かりやすく解説していました。あらゆることに精通している著者に驚きました。
そして,何より驚いたことは,本の中で紹介している文献の量です。ただ単に本を集めたという感じではなく,1冊1冊をきちんと著者自身の糧としているところがすばらしいと思いました。著者が本の内容を自分のものとするために行っている「ノートの活用法」のように,自分はきちんとしたことはできないと思っていますが,このブログで本で得たことをアウトプットすることで,少しでも本で得た知識を自分のものにしていく習慣を続けていきたいと思いました。

|

« 試合を想定して | トップページ | 研究発表に対する質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の技法:

« 試合を想定して | トップページ | 研究発表に対する質問 »