« たら、れば | トップページ | 野外学習に向けて »

備品点検

今日は空いた時間に教室掃除や備品点検を行いました。今年度は夏季休業中に備品点検を行うことになりました。学校内にはあるはずなのに置き場所が特定できない「不明」の物品をこの夏季休業中にできるだけ明らかにしていきたいという校務主任の先生の思いからです。校務主任の先生に備品点検についてくわしく教えてもらうと、毎年継続してきちんとしたチェックを行っていないと、きちんとチェックをしなかった後の備品点検からは非常に大変な思いをするとのこと。確かに物が動いたり、壊れたり、学校が新しい物を買ったりすることで、備品に関する情報も毎年新しい情報になっています。そのため、どこかで「まぁいいや」という思いをもってやってしまったことが、訂正できていないまま分からなくなり、後々に大きな問題として残ってしまうのだと思いました。「お金に関することはあいまいにはできない」という校務主任の先生の言葉が重く感じました。

|

« たら、れば | トップページ | 野外学習に向けて »

コメント

復活,おめでとうございます。
夏場は充電の期間です。
お互いに有意義な時間を過ごしたいものですね。
一度,飲み会を開きたいと思っていますが,
若い人たちがお互いに刺激を受けるような会を
開きたいですね。
研究会の中にもやる気のある人がたくさんいますが,
自分たち指導者の実力不足のために
どうも視野狭窄になっているように感じています。
教科の枠を超えて,
自分のやっていることを語り,
人の実践に意見を言うことのできる会が
できるといいなあと思っています。
だれかを囲んで
学習会を企画するのもおもしろそうです。
ぜひ,アイデアをください。

投稿: こじまん | 2009年7月29日 (水) 10時11分

>こじまんさん
コメントありがとうございます。
今は自分よりも若い人が増えてきたので、自分も力をつけていくことにもっと欲深くならなければと思うようになりました。
互いに力を高めあえる学習会はとてもいいと思います。ぜひやりたいものです。
まずは力をつけたいと特に強く思っている人で集まるだけでもいいかもしれませんね。
自分は毎年、他県の若者とただ話をするだけで、その志の高さに自己嫌悪になってしまうぐらい刺激を受けるので、まずは集まって会話を交わすだけでも価値があるのかもしれません。
だれに声をかけるのかが問題になってきますが・・・
でも、そこから参加者の枠を今後広げていけるのかもしれません。
自分としてはお力になれることがあれば、ぜひ協力させていただきます。

投稿: おとけい | 2009年7月29日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備品点検:

« たら、れば | トップページ | 野外学習に向けて »